ProVISION

New! お客様インタビュー

“““canon-sama""2021/11/29 New!

キヤノン株式会社
「テクノロジー x サステナブルな未来」 ボリュメトリック技術で実現する「誰も見たことのない映像体験」


キヤノン株式会社(以下、キヤノン)は、空間の制約から解放された「自由視点」が生み出す映像により、日常生活において想像したり、体験し得る領域を超えた空間の表現を加速しています。長年培ってきたイメージング技術…
““UTokyo-sama"2021/11/25 New!

東京大学医科学研究所
「テクノロジー x サステナブルな未来」 東大医科研 ゲノムデータ解析で挑む、未知の病気解明と健康な日常


東京大学医科学研究所 (東大医科研)ヒトゲノム解析センターでは、がんや腸内細菌、新型コロナウイルスなど、未だ解明されていないことが多い医療分野において、膨大なゲノムデータの解析により、真実を追求し…
“MitsubishiHeavyIndustries-sama2021/11/17 New!

三菱重工業株式会社
テクノロジーで挑む サステナブル経営 カーボン・ニュートラルの実現と産業の成長加速への挑戦「CO2NNEX™」


三菱重工業株式会社(以下、三菱重工業)は、CO2の流通を可視化する大規模なバリュー・チェーンの構築に取り組んでいます。コア技術を生かし、社会的に意義のある取り組みを加速する同社の戦略について聞きました…
Onetotensama2021/08/09

株式会社ワントゥーテン
「ソリューション×エクスペリエンス」で広がるデジタルの可能性


新型コロナウイルスによって、企業の行事や活動にもさまざまな対応策が求められています。2021年4月1日に行われた日本IBMの入社式も、2年連続でオンライン上での「デジタル入社式」となりました。式典をストリーミング中継して…

What's New!

AI

“““““KuboOkazaki"""""2021/11/12

DataOpsで実現される、データが整備された世界(vol97-0020-ai)


ビジネスへのデータの活用が叫ばれている昨今ですが、活用に先立ってはデータの整備が不可欠です。本稿では、データ整備の必要性やその方法論であるところのDataOps、またDataOpsを執行するデータ執事(後述)の業務要件や体験談、データ執事の業務に役立つ各種ツール...

Futuretech

“““““Takeda"""""2021/11/10

次世代コンピューティング技術によって拓かれる新素材発見の近未来(vol97-0019-futuretech)


環境問題やエネルギー問題など地球規模の差し迫った課題に取り組むために、IBM リサーチは各国のラボ横断で、新素材発見のための次世代コンピューティング技術の開発に注力しています。AI、ハイパフォーマンス・コンピューター、量子コンピューターをハイブリッド...

Mainframe

““““Kojimai""""2021/11/05

デジタル・トランスフォーメーションにおけるIBM Zの役割(第三回) ― IBM Zのモダナイゼーション ―


IBM® Z®は1964年に発表されたSystem 360の流れを汲む汎用コンピューター、所謂メインフレームです。本稿ではDXを推進するために、これまで基幹システム(System of Record、以降SoR)を支えてきたIBM Zをどのようにモダナイズし、新しい価値を提供するハイブリッド・クラウドの基盤として...

AI

““Kawada""2021/10/31

失敗しないMLOps (MLOps後編)


機械学習モデル運用のコンセプトであるMLOpsには、通常のアプリケーション運用との大きな違いとして、モデルが劣化しうるという特徴があります[1]。例えば、元々25歳以上の反応がよかったキャンペーンが、時間の経過とともに25歳未満の反応がよくなっていた場合...

AI

“““Osogami"""2021/08/26

これからの強化学習


囲碁やテレビゲームなどで人間のパフォーマンスを上回ったことで、強化学習技術が注目を集めるようになりました。データを集めて意思決定を最適化していくのが強化学習技術であり、分類や回帰など、入力から出力を予測することを目的とする機械学習技術とは...

Cloud

““TanimatsuMaeda""2021/08/18

クラウド時代のDevSecOps開発とダイナミック・デリバリー


今や目にしない日はないというぐらいに日常的に使われるようになったデジタル変革(DX : Digital Transformation)という言葉ですが、そのDXを支える立場にあるITシステムの開発や運用そのものにも実はDXが必要とされており、リモート体制の整備やDevOps、自動化などの技術を取り込んで…

AI

““Kawada""2021/08/17

なぜMLOpsが必要なのか (MLOps前編)


機械学習やAIのモデルが作られビジネスにおける実践活用の範囲が拡大しています。しかし、機械学習やAIのモデルは作れば終わりではありません。ソフトウェア開発と同様に運用が必要になります。ソフトウェア開発のエリアではDevOpsという運用と開発を統合的に…

AI

““Okubo""2021/08/17

実践的データ・ガバナンスのススメ


世の中に様々なデータ・ガバナンスの文献はあるものの、それらを自社内に実際に適用することは非常に難しい。本稿では改めてデータ・ガバナンスの目的を明確にした上で、システム、プロセス、人・組織の観点で実践的にデータ・ガバナンスを整備し、データ利活用...

AI

“Tachibanasan"2021/07/25

What’s Next in AI


近年、ディープラーニング(深層学習)をはじめとする新しいAI技術がもたらした素晴らしい技術成果を目にすることは多い一方で、ビジネスで実用する上での難しさも見えてきており、AIに関しては基礎技術もツールも、利用の現場もそれぞれ次の段階へと進んでいます。…

ProVISION

“ProVISION97"2021/07/21

ProVISIONデジタル版紹介用小冊子発行


2021年より発信している当サイトのご紹介用冊子です。巻頭言:飛躍的に進化する局面を迎えたテクノロジーに高まる期待 常務執行役員 最高技術責任者 森本 典繁、各コンテンツのご紹介と関連記事へのQRコードリンク AI 山田 敦 (GBS 技術理事、IBM AIセンター長) 、Cloud 二上 哲也 …

Mainframe

“Nomura-san"2021/07/19

デジタル・トランスフォーメーションにおけるIBM Zの役割 (第二回) ― Hybrid CloudにおけるIBM Zの位置付け


ここ数年多くの企業が、デジタルのメリットを最大限に活かし、既存の自社ビジネスに新たな競争優位性を確立することを目指しています。いわゆるDXの実現です。DXの定義自体は経済産業省が出すDXレポートでも触れられていますが、その要となるのがデータの活用...

Cloud

HishinumaFukatsuMishinasan2021/07/09

金融サービス向けパブリッククラウド - FS Cloud とは


「金融機関のゼロトラストを意識すると、実質的にクラウドはIaaSしか使えない」某大手銀行のCIOの発言は、金融機関が抱える苦悩を端的に表しています。システムの構築スピードを向上させるには、パブリッククラウドを適切に利用してコストを抑えることが必須の検討…

Society DX

Takara-san2021/06/17

エッジコンピューティングと5G


IBM®はRed Hat®のオープンソースソフトウェアを基礎として、ハイブリッドクラウドとAIに重点を置いた戦略を推進しています。この背景には社会を変えると考えられるテクノロジーの進化と普及があります。本稿では、テクノロジーの進化とコンテナ技術やKubernetes(クーバネティス)...

Cloud

nikami-san2021/06/09

DXを加速する オープンなプラットフォーム構築


デジタル・トランスフォーメーション (DX)の早期実現が、激しい環境変化への対応のために求められている。しかし、DXを企業全体で本格的に推進したいが思うように進まないという声も多い。開発スピードの向上が課題だったり、各部門でバラバラに進めて非効率だったり...

もっと見る

過去の記事

[No. 96] ビジネス変革を支えるオープンソースソフトウェア

[No. 95] エンタープライズAI

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

もっと見る

About

「ProVISION」は1994年に創刊したお客様と日本IBMを繋ぐ技術情報誌です。社会課題や企業課題を捉え、それを支えるイノベーションをテクノロジーを軸に考察していきます。2021年よりデジタルに移行しています。2021年以降の記事はBlogsタブよりご覧いただけます。2020年以前の記事はLibraryタブよりご覧いただけます。

お問い合わせ窓口
ProVISION事務局 prvision@jp.ibm.com



Latest Posts

Please login to see all eligible discussion postings

Content coming soon!

Latest Articles

  • 三菱重工業株式会社(以下、三菱重工業)は、CO 2 の流通を可視化する大規模なバリュー・チェーンの構築に取り組んでいます。コア技術を生かし、社会的に意義のある取り組みを加速する同社の戦略について聞きました。 本記事では、2021年9月に開催された日経電子版オンラインセミナー「ビジネスモデル変革とテクノロジーで実現するサステナブル経営とは」での対談をダイジェスト版でお伝えします。 登壇者:三菱重工業株式会社 CCUSビジネスタスクフォースサブリーダー 堀 秀爾氏 (写真右) ...

  • 久保 俊平 Kubo Shumpei 日本アイ・ビー・エム株式会社 Data, AI , Automation事業部 第三テクニカルセールス テクニカルセールス 岡崎 史博 Okazaki Fumihiro 日本アイ・ビー・エム株式会社 Data, AI , Automation事業部 第三テクニカルセールス テクニカルセールス  2020年2月よりIBMに中途入社し、CP4D、Boxのテクニカルセールス、またIBM Cloud Ambassadorとして活動。IBMの前は銀行系システムエンジニアやセキュリティ製品のセールスエンジニアを経験している。 ...

    1 person recommends this.
  • 武田征士 Seiji Takeda 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 チームリーダー Accelerated Material Discoveryリーダー。海外ラボと共に、国内外のマテリアルズ・インフォマティクス関連のプロジェクトを数多く手掛ける。2010年慶應義塾大学大学院博士課程修了。博士(工学)。人工知能学会現場イノベーション金賞など受賞。 環境問題やエネルギー問題など地球規模の差し迫った課題に取り組むために、IBM リサーチは各国のラボ横断で、新素材発見のための次世代コンピューティング技術の開発に注力しています。AI、ハイパフォーマンス・コンピューター、量子コンピューターをハイブリッドクラウド上で連携させることで、例えば工場から排出された二酸化炭素を分離・回収するポリマー薄膜といった様々な新素材を、これまでの10分の1の時間とコストで開発することを目指します。本稿では、このAccelerated ...

  • 小島 正行 Masayuki Kojima 日本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業本部 IBM Zテクニカル・セールス エグゼクティブ・テクニカル・スペシャリスト 1989年入社。金融や保険のお客様を中心にオープン系システムを含むインフラの全体最適化設計、IBM Z上の大規模システムの設計、性能評価などを幅広く経験。現在はIBM Zをお使いのお客様のモダナイゼーションに向けた提案活動に従事。 IBM® Z®[ 1 ]は1964年に発表されたSystem 360の流れを汲む汎用コンピューター、所謂メインフレームです。現在も世界中のお客様の基幹業務を支える基盤として利用され続けています。一方、分散サーバーの進化、クラウド利用の普及、そしてお客様のデジタル・トランスフォーメーション(Digital ...

  • 河田 大 Hajime Kawada 日本アイ・ビー・エム株式会社 テクノロジー事業本部 データ・ AI ・オートメーション事業部 Data And AI第一テクニカル・セールス Data And AIテクニカル・セールスとして、 SPSS® Modeler や Collaboration And Deployment Services 、 Watson® Studio を用いた機械学習の業務活用を支援。  機械学習モデル運用のコンセプトであるMLOpsには、通常のアプリケーション運用との大きな違いとして、モデルが劣化しうるという特徴があります[ ...

Latest Files

Community Members
10 Members
Hidden Member
group Admin
group Admin
group Admin