Message Image  

IBM Japan Community

What's New

  • GO NeXT 2.24イベント・アーカイブ

    Blog Entry

    2021年2月24日に開催されたオンライン・イベント「GO NeXT 2.24」のアーカイブページです。東京大学 西成教授(渋滞学)、東京大学 松尾教授(AI)、IBM東京基礎研究所 福田所長(アクセシビリティー)の講演動画をご覧いただけます。 IBM Community ...

About Us

  • Library Entry

    IBM Community Japan のツクル活動のためのプラットフォーム「ナレッジモールアクティビティプラットフォーム (KMAP) 」とは何か?どんなことができるのか?についてわかりやすくご紹介します。ここをクリックするとIBM Japan のWebサイトに移動します。 ...

Resources

  • ナレッジモールアクティビティプラットフォーム (KMAP) の利用方法を説明した操作ガイド (PDF ファイル) を公開しています。ガイドには次の内容が掲載されていますので、ご活用ください。 1.ナレッジモールアクティビティプラットフォーム(KMAP)とは? ...

Events

Community Spaces

3 total

ProVISION  

  last person joined 20 days ago

 View Only

Technology at a glance  

  last person joined 13 days ago

 View Only

Tsunagaru Square (ツナガル・スクエア)  

  last person joined 20 days ago

 View Only

Highlights

  • テープテクノロジーは過去のものではありません! 実際、これからの10年間でクラウドはよりテープとの結びつきを深めていくことでしょう。 今回は、2020年12月にIBM Zurich研究所と富士フイルム株式会社が発表した、磁気テープストレージにおける記録密度の世界記録更新(317Gbit/inch^2)の内容を最新の技術動向と合わせてご紹介します。 ...

  • 最近NHKのニュースなど、各種メディアで取り上げられることが増えてきたAIスーツケース。皆さんも一度はニュース記事などをご覧になったことがあるのではないでしょうか? AIスーツケースは、視覚障がい者の実社会におけるアクセシビリティと生活の質向上を目的とした、 移動やコミュニケーションを支援するスーツケース型ナビゲーション・ロボットで、一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアムに参加する各社の技術を結集して作り上げた統合技術 ...

  • GO NeXT 2.24イベント・アーカイブ

    Blog Entry

    2021年2月24日に開催されたオンライン・イベント「GO NeXT 2.24」のアーカイブページです。東京大学 西成教授(渋滞学)、東京大学 松尾教授(AI)、IBM東京基礎研究所 福田所長(アクセシビリティー)の講演動画をご覧いただけます。 IBM Community ...

  • GO NeXTイベント・アーカイブ

    Blog Entry

    2021年1月27日に開催されたオンライン・イベント「GO NeXT」のアーカイブ動画を公開中です。サイボウズ青野社長+さくらインターネット田中社長の「2021年を占う」対談、LinkedIn日本代表村上氏、まつもとゆきひろ氏等の講演がご覧になれます。 IBM Community ...

  • Library Entry

    2020/06/10と11に開催したTechnology at a glanceでは、「量子コンピューター」を取り上げました。 IBM社員だけでなく、ご家族の方々にもご参加いただいた特別企画のReplayを公開します。 未来のQuantum Native(量子コンピューターが当たり前になる世代)と一緒に、ハンズオンにチャレンジしてみてください。 ...

  • 医療分野でのテクノロジーの活用は年々進んでおり、がん医療も含め予防・診断など様々な角度からその向上を支援しています。乳がんは日本人女性がかかるがんの中では近年もっとも頻度が高く、若い年代から働き盛りを中心に年間9万人が新たに罹患されています。早期発見により高い確率で治癒する病気のため、病気と早期発見への正しい理解と啓蒙が重要になっています。 ...

  • Found in: ProVISION Libraries

    ユーザー 企業がオープンソースソフトウェア(OSS)を選ぶ理由の第一位は「システムの柔 軟性、要件に応じて機能変更ができる」、第二位 が「コスト抑制/低減」、第三位が「システムの俊 敏性、変化への対応スピード」となっています(出 典:ガートナー、2016年1月)。OSS活用の背景 ...