ProVision

 View Only


 IBM内外の専門家が、創りたい未来とともにテクノロジーを解説します - Professional Vision -

What's new

ProVision 

AI
vol.15   (2024/04/04)

2023年ナレッジモール論文 - 入賞論文の紹介

色々なお店が集う「モール」のように、企業、業界、世代の枠を超えた仲間と自主的に研究活動をする取り組み「2023年ナレッジモール論文」のなかでも、特に優秀な成果をあげられた論文をご紹介します。

AI 

AI
vol.14     (2024/03/25)

ニューロシンボリックAIによる説明性が高い機械学習

深層学習(ディープラーニング)は、自動Q&Aなど様々な分野へ応用され高い精度を提供していますが、一般的に大量の学習データを用意する必要があり...

AI

AI
vol.13     (2023/11/14)

タスクごとに使い分けられる様々なIBM製基盤モデル

IBMは、IBM watsonxを通じて、様々なIBM製基盤モデルやオープンソースモデルを提供することで、業務に応じて適切な基盤モデル...

AI

AIvol.12     (2023/09/11)

IBM watsonx – 企業の価値創造のためのAI

AIの急速な進化により仕事の仕方は大きく変わりつつあります。AIは単なるツールの域を超え、企業にとってビジネス構造そのもの...

AI

AIvol.11     (2023/08/03)

労働力不足の救世主 - ビジネス・シーンを変える画期的なインタラクティブ AI テクノロジー

生産年齢人口の減少に伴う急激な人手不足の深刻化。自然言語対話と指先ひとつで日常業務を自動化し、あらゆるビジネス・パーソン...

AI

AIvol.10     (2023/07/27)

FLOps - 企業に分散したデータからビジネス価値を継続的に創出する手法

「AI × 共創」- 企業横断での共創が求められる時代。データが分散して存在する状況で、データを一箇所に集めずに...

ProVision

IBMvol.9     (2023/07/04)

IT/AI人材の育成と活躍の場

デジタル変革(DX)を進めるにあたり、多くの企業が「人材」の問題に直面しています。その人材とは...

ProVision

IBMvol.8     (2023/07/04)

半導体、量子、AIなどの先端テクノロジーの研究開発と社会実装

今私たちは、AI、量子コンピューター、半導体の微細化などの分野で各種新技術がそれぞれ世界を大きく変えつつある...

ProVision

Murasawavol.7     (2023/06/07)

日本経済と社会の景色を変えるために- 共創実践からの学びシェア

世界中のIBMに、お客様との30~90日間にわたる共創に専心し、価値創出と早期の技術価値検証を行う専任組織...

Mainframe

Kakurai_Kugii vol.6     (2023/05/24)

IBMインフラストラクチャー における サステナビリティーへの 取り組み

本稿ではIBM®インフラストラクチャーにおけるサステナビリティーへの取り組みについて取り上げます。サステナビリティー実現に...

ProVision

IBMvol.5     (2023/04/19)

CO2やプラスチック削減などのサステナビリティー・ソリューション

企業にとってサステナビリティーはかつてのような社会貢献(CSR:Corporate Social Responsibility)という位置...

ProVision

IBM vol.4     (2023/04/18)

論文のすすめ –変化の激しい今こそ取り組む技術者としての自己研鑽

世の中のスピードが加速し、社会やビジネスが急速に変化しています。企業・業界・世代の枠を超えた多様な人々がチームを組み...

ProVision

IBM     vol.3 (2023/04/06)

ハイブリッドクラウドやAIなどのテクノロジーを活用したDX

コロナ禍は多くの点で私たちの生活を変え、社会の仕組みのデジタル化が急速に進みました。さらに、不安定な世界情勢から生じたさまざまな影響で...

Cloud

Kohno_Ichimuravol.2     (2023/03/27)

オープン・レガシーアプリケーションのモダナイズ策について

現在、日本の保険会社では、ホスト・システム上で稼働するレガシーなCOBOL、PL/Iアプリケーションに加え、2000年代初頭より連綿と...

ProVision

IBM vol.1     (2023/03/07)

社会インフラであるITシステムの安定稼働

電気、ガス、上下水道、交通、通信、送電網や通信網をはじめとして、病院、学校、金融、製造、流通などさまざまな仕組みが、社会インフラとして...

Futuretech

Yamamichi 98号 vol.13     (2023/01/21)

アルバニーの風 ~半導体テクノロジーの共創がもたらすより良い未来~ (vol98-0008-futuretech)

コンピューターの処理速度の向上と低消費電力化、小型化は、演算の基本素子である半導体トランジスターの50年以上にもわたる微細化...

Mainframe

Ishii98号 vol.12     (2023/01/20)

サステナブルなITによるDX推進(第5回) z16によるAIを利用した基幹系処理のイノベーション(vol98-0013-mainframe)

スマートフォンの顔認証やスマート・スピーカー、ロボット掃除機やエアコンといった家電製品など、今やAIは私たちの身近な生活の中...

お客様インタビュー

“““canon-sama""2021/11/29

キヤノン株式会社
「テクノロジー x サステナブルな未来」 ボリュメトリック技術で実現する「誰も見たことのない映像体験」


キヤノン株式会社(以下、キヤノン)は、空間の制約から解放された「自由視点」が生み出す映像により、日常生活において想像したり、体験し得る領域を超えた空間の表現を加速しています。長年培ってきたイメージング技術…
““UTokyo-sama"2021/11/25

東京大学医科学研究所
「テクノロジー x サステナブルな未来」 東大医科研 ゲノムデータ解析で挑む、未知の病気解明と健康な日常


東京大学医科学研究所 (東大医科研)ヒトゲノム解析センターでは、がんや腸内細菌、新型コロナウイルスなど、未だ解明されていないことが多い医療分野において、膨大なゲノムデータの解析により、真実を追求し…
“MitsubishiHeavyIndustries-sama2021/11/17

三菱重工業株式会社
テクノロジーで挑む サステナブル経営 カーボン・ニュートラルの実現と産業の成長加速への挑戦「CO2NNEX™」


三菱重工業株式会社(以下、三菱重工業)は、CO2の流通を可視化する大規模なバリュー・チェーンの構築に取り組んでいます。コア技術を生かし、社会的に意義のある取り組みを加速する同社の戦略について聞きました…
Onetotensama2021/08/09

株式会社ワントゥーテン
「ソリューション×エクスペリエンス」で広がるデジタルの可能性


新型コロナウイルスによって、企業の行事や活動にもさまざまな対応策が求められています。2021年4月1日に行われた日本IBMの入社式も、2年連続でオンライン上での「デジタル入社式」となりました。式典をストリーミング中継して…

もっと見る

過去の記事

[No. 96] ビジネス変革を支えるオープンソースソフトウェア

[No. 95] エンタープライズAI

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

もっと見る

About

ProVision」は1994年に創刊したお客様と日本IBMを繋ぐ技術情報誌です。社会課題や企業課題を捉え、それを支えるイノベーションをテクノロジーを軸に考察していきます。2021年よりデジタルに移行しています。2021年以降の記事はBlogsタブよりご覧いただけます。2020年以前の記事はLibraryタブよりご覧いただけます。

お問い合わせ窓口
ProVision事務局 prvision@jp.ibm.com



Latest Posts

Please login to see all eligible discussion postings

Content coming soon!

Latest Articles

  • 色々なお店が集う「モール」のように、企業、業界、世代の枠を超えた仲間と自主的に研究活動をする取り組み「2023年 ナレッジモール論文 」のなかでも、特に優秀な成果をあげられた論文をご紹介します。所属・役職等は2023年11月時点の情報です。 IBM Community Japanメンバー部門 論文タイプ 賞 論文タイトル 執筆者 論文紹介 事例型 優秀賞 デジタルプラクティス賞 コード生成ツールの導入判断のための評価方法の提案 ...

  • ヒトは人工知能が提示するオススメを、実直に信じるでしょうか。もし人工知能が根拠とともにオススメを提示するようになったらどうでしょう? 期待される「ニューロシンボリックAI」について木村研究員が解説します。 木村 大毅 Kimura Daiki 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所  研究員兼マネージャー 2015年 東京工業大学 博士課程修了。在学中、日本学術振興会 特別研究員等を兼任、Microsoft Research ...

  • IBMは、IBM watsonxを通じて、様々なIBM製基盤モデルやオープンソースモデルを提供することで、業務に応じて適切な基盤モデルを選択できる「マルチ基盤モデル」を実現しようとしています。タスクによって使い分けることができる複数のIBM製基盤モデル(Slate、Sandstone、Granite)について、モデルサイズに応じた適応方法、ROIを高める運用方法とともに IBM 技術理事の倉田 岳人が解説します。 倉田 岳人 Kurata Gakuto ...

    4 people like this.
  • AIの急速な進化により仕事の仕方は大きく変わりつつあります。AIは単なるツールの域を超え、企業にとってビジネス構造そのものを改革する鍵となります。AIとの関わりの今と未来について技術リーダーの対談をご紹介します。 対談者紹介 立花 隆輝 Ryuki Tachibana 日本アイ・ビー・エム株式会社 社長室 watsonxプロジェクト・マネージャー、エグゼクティブ・プロジェクト・リード、シニア・テクニカル・スタッフ・メンバー ...

  • 生産年齢人口の減少に伴う急激な人手不足の深刻化。 自然言語対話と指先ひとつで日常業務を自動化し、あらゆるビジネス・パーソンの生産性を飛躍的に向上させる、IBMの次世代デジタル・レイバー:IBM watsonx Orchestrate をご紹介します。 プロローグ 「貧しい靴職人のおじいさんが革を置いたまま寝ると、眠っている間に立派な靴が出来上がっていました。靴を作ってくれていたのは、なんと小人たち・・・」 これは、グリム童話の『小人の靴屋』のお話です。この仕事やる時間がない、そもそもやりたくない、でもやらなきゃ、なんていう時に、「小人が代わりにやってくれたらなぁ」と思ったことがある方は少なくないのではと思います。「そんなの童話の中の話だよ」いえいえ、IBMの次世代デジタル・レイバー ...

    2 people like this.

Latest Files

Community Members
9 Members
Hidden Member
group Admin
group Admin
group Admin