ProVISION

What's New!

Society DX

2021/03/24

多様な「人」と「社会」を支える人間主体のテクノロジー


新型コロナウイルスの急速な拡大により、社会は大きな変化を余儀なくされました。多くの企業が急遽テレワークによる在宅勤務の導入に踏み切り、オンラインを前提とした業務を拡大しています。遠隔教育、遠隔診療などICTを活⽤したリモート化・デジタル化があらゆる場...

Cloud

three_members.png2021/03/23

DXを継続させる運用高度化の提言


急激な進化を遂げるIT環境。企業もデジタルトランスフォーメーション(DX)への対応が急務となり、アプリケーションの近代化やAPIによるエコシステムの構築、クラウドへの移行を進めています。しかし、コストセンターと揶揄される運用の現場は変化に対応が出来ていないばかりか...

AI

yonezawa-san380190.png2021/03/23

AIを活用したインテリジェント・ワークフロー


AIは人間には容易だが機械には難しかった画像認識や自然言語処理でブレークスルーを起こし、企業においても大きく注目されることになっています。さらにAIの活用範囲は広がりミッションクリティカルな業務のワークフローにおいても人間による意思決定をサポートする形で..

Cloud

hirasawa-san2021/03/23

デジタル変革に向けたクラウド・モダナイゼーション


企業におけるデジタル変革の必要性が広く叫ばれる中、国内では未だ多くの企業においてその取組みが不十分との指摘があり、企業の変革に向けて期待する成果を得るまでには至っていない現状にあります。そのような状況の中、自社の変革に向けたデジタル戦略として...

もっと見る

過去の記事

[No. 96] ビジネス変革を支えるオープンソースソフトウェア

[No. 95] エンタープライズAI

[No. 94] ビジネスのためのクラウド

もっと見る

About

「ProVISION」は1994年に創刊したお客様と日本IBMを繋ぐ技術情報誌です。社会課題や企業課題を捉え、それを支えるイノベーションをテクノロジーを軸に考察していきます。2021年よりデジタルに移行しています。2021年以降の記事はBlogsタブよりご覧いただけます。2020年以前の記事はLibraryタブよりご覧いただけます。

お問い合わせ窓口
ProVISION事務局 prvision@jp.ibm.com



Latest Posts

Please login to see all eligible discussion postings

Content coming soon!

Latest Articles

  • 新型コロナウイルスの急速な拡大により、社会は大きな変化を余儀なくされました。多くの企業が急遽テレワークによる在宅勤務の導入に踏み切り、オンラインを前提とした業務を拡大しています。遠隔教育、遠隔診療などICTを活⽤したリモート化・デジタル化があらゆる場面で進み、まさに仮想空間と現実空間を高度に融合させた人間中心の社会Society5.0の実現可能性が高まってきました。このような社会を実現するためには、豊かな発想や多様性を重視した新たな価値の創造とそれを支えるテクノロジーの進化が必要です。 本稿では、⼈間や社会の在り⽅に深く関わるテクノロジーを考察し、過去にとらわれず新たな価値を創造し続けイノベーションを実現するための鍵を紐解いていきます。 ...

    1 person recommends this.
  • 急激な進化を遂げるIT環境。企業もデジタルトランスフォーメーション(DX)への対応が急務となり、アプリケーションの近代化やAPIによるエコシステムの構築、クラウドへの移行を進めています。しかし、コストセンターと揶揄される運用の現場は変化に対応が出来ていないばかりか、更なるコストの削減を求められるという負のスパイラルに陥っている傾向にあります。企業はこの事実を認識し、DXを継続させていく運用の仕組みを早急に構築する必要があります。その解決策として注目されるのがAIであり、本稿ではそのAIを活用した運用の高度化について説明します。 ...

    4 people recommend this.
  • AI は人間には容易だが機械には難しかった画像認識や自然言語処理でブレークスルーを起こし、企業においても大きく注目されることになっています。さらに AI の活用範囲は広がりミッションクリティカルな業務のワークフローにおいても人間による意思決定をサポートする形で導入が進んでいます。 IBM ではこのようにデータと AI により高度化されたワークフローをインテリジェント・ワークフローとして提唱しています [ 1 ] 。本論文ではインテリジェント・ワークフローの中で人と協調して働く AI をデータ指向の ...

    2 people recommend this.
  • 企業におけるデジタル変革の必要性が広く叫ばれる中、国内では未だ多くの企業においてその取組みが不十分との指摘があり、企業の変革に向けて期待する成果を得るまでには至っていない現状にあります。そのような状況の中、自社の変革に向けたデジタル戦略として、企業はどのような方針や施策に取り組むべきか、その解の一つとなるのが、既存のIT資産を活用し最新テクノロジーで新たな価値を創造する、「アプリケーション・モダナイゼーション」であり、2020年来の新型コロナウイルスの影響下でより一層その重要性が増しています。 ...

    2 people recommend this.
  • No.96 源 No.95 叡 No.94 雲 No.93 自 No.92 知 No.91 共 No.90 翔 No.89 人 No.88 備 No.87 走 No.86 力 No.85 遊 No.84 繋 No.83 ...

Latest Files

  • かつて企業のITシステムに関わる技術者は、クラウド・サービスがこれほど企業ITに影響を及ぼすことになるとは、おそらく考えていなかったでしょう。現在、クラウド・サービスはさまざまな企業で利用されていますが、IBMでは、クラウドを企業で利用する上で必要な要件を満たした「ビジネスのためのクラウド」の特徴を、「あらゆる企業アプリに対応」「すぐにAIが使える」「徹底したセキュリティー」の3つと考え、企業でのクラウド活用を強力に推進しています。 ...

  • 近年、企業の関心は、「AIを導入するべきかどうか」から、「どのようにしてAIを導入するか」にシフトしています。日本でも、多くの企業がAIを自社のビジネスで活用したいと思っている一方で、導入のためのスキルや人材の不足、全社的なデータ・ガバナンスの難しさを感じています。その背景には、AI人材育成の難しさ、AIのブラックボックスの性質やバイアスの問題、複数のAIを導入することで生じるシステムの複雑化、データ整備、AIガバナンスの仕組み作りなど、技術的にも体制的にもさまざまな問題があるためです。 ...

  • ユーザー 企業がオープンソースソフトウェア(OSS)を選ぶ理由の第一位は「システムの柔 軟性、要件に応じて機能変更ができる」、第二位 が「コスト抑制/低減」、第三位が「システムの俊 敏性、変化への対応スピード」となっています(出 ...

Community Members
13 Members
group Admin
Hidden Member
group Admin
group Admin
group Admin