Japan IBM Storage User Group

Japan Storage User Group(以降 JSUG と略記)とは、IBM System Storage 製品に関して、技術者視点でその機能や利用方法に関して「日本語で語る」ために開設したユーザー・グループです(short URL: https://ibm.co/3fV3qzE)。

JSUG は、IBM Storage Community 配下に多数作成されている世界各国ユーザー・グループの一つとして運営されています。

主として日本アイ・ビー・エム(株)およびその関連会社の社員が情報を提供致しますが、ご要望に応じてお客様あるいはビジネス・パートナー様にもご参加頂けます(参加手順は後ほど明記)。

当該グループ上で公開されている Blog 記事群の一覧は、こちらを参照下さい(何方でもご覧いただけます)。知りたい製品や機能をご存知の場合には、以下にアルファベット順で列挙するタグ一覧 (Taxonomy) より対象 Blog 記事を絞り込むことも可能です:

注:

  • 当該グループ上でご紹介する情報は、日本アイ・ビー・エム(株)が必ずしも正式なレビューを行ったものではありません。

Leaders and Liasons

Latest Files

Log in to see this information

Content coming soon!

Latest Articles

  • Spectrum Virtualize系ストレージのパフォーマンス分析には、通常の場合、有償ソフトウェアのIBM Spectrum ControlやStorage Insightsを使用します。 ただ、製品導入時に一緒に購入しなかった場合、あとからお客様にお願いしてもなかなか買っていただくことができません(それなりのお値段なので)。 また、そこまで詳細な分析はしなくてもいいので、簡易なパフォーマンス分析がしたいというお客様もおられます。 こういった要望にこたえるツールとしてqperfというものがありますのでご紹介します。 ...

  • 以下のブログでIntegrated Routing、LSANゾーンの設定方法を紹介しました。 Fabricを跨ぐIntegrated Routing、LSANゾーンについて https://community.ibm.com/community/user/storage/blogs/keitaro-imai1/2020/10/21/fabricintegrated-routinglsan?CommunityKey=263553fb-0049-44b0-995c-dfaa0195a27f ...

  • BrocadeのSAN用語において、「LSANゾーン(Logical SANゾーン)」とはFabric間でお互いのFabricをマージせずにIntegrated Routingというルーティングによってデバイス間をゾーンする機能のことを指します。 独立したFabric間で変更作業等の影響を避けるために、論理的なFabricを構成して、ゾーンを構成します。 このLSANゾーンがよく使われるのは、災害対策などで2拠点にあるストレージをそれぞれのFabricとFCIPルータを経由して接続するようなケースです。 ...

  • ストレージをAIXのサーバーに接続する場合、SDDPCM、AIXPCMのどちらのマルチパスドライバーが良いかと悩むこともあるかと思います。 まずは、IBM System Storage Interoperation Center(SSIC)でサポートされるドライバーを確認ください。 http://www-03.ibm.com/systems/support/storage/ssic/interoperability.wss 上記サイトでSDDPCM・AIXPCMの両方が表示される場合、最近のStorwize/SVC/FlashSystemだとAIXPCMが推奨されます。 ...