IBM TechXchange Japan Storage User Community

 View Only

Japan Storage User Community(以降 JSUC と略記)とは、IBM System Storage 製品に関して、ユーザー間や日本IBMおよびビジネス・パートナーの専門家と連携し、ストレージについて学び、アドバイスやベストプラクティスを仲間と共有し、製品やコミュニティー・イベントに関する情報を得るためのものです。

どなたでも自由にご参加いただけますが、情報提供については主として日本アイ・ビー・エム(株)およびその関連会社の社員が行います。 ご要望に応じてお客様あるいはビジネス・パートナー様にも情報提供にご参加いただけますので管理者までご連絡ください。(short URL: https://ibm.co/3fV3qzE

JSUCへの登録ガイドはこちらです。

JSUC は、IBM Storage Community 配下に多数作成されている世界各国ユーザー・グループの一つとして運営されています。

注: 当該グループ上でご紹介する情報は、日本アイ・ビー・エム(株)が必ずしも正式なレビューを行ったものではありません。


#AsiaPacific
#IBMSystemStorage
#Japan

Latest Posts

  • 昨年の8月より開始いたしましたストレージwebinarシリーズ 「山中侃のストレージ解説シリーズ」 ですが、おかげさまで既に第6回まで開催されていただいております。 いつもご視聴いただき誠に有難うございます。 今回こちら Storage User Communityより、 「山中侃のストレージ解説シリーズ」のリプレイ配信 を始めることが決定いたしました! (*8月21日より第1回目公開予定) ...

  • 以下のように3つのエディションで提供しております。 Single Drive Edition (SDE) ・Linux, Mac, および Windows で動作 ・LTO と TS11xx テープドライブ単独 Library Edition (LE) ・ テープライブラリーの複数巻のテープを管理 ・ Linux 版と Windows 版 ・ TS2900 から大型 TS4500 ...

  • Storage Archiveの提供メニューについて教えてください。 ------------------------------ TOMOHITO KANNO ------------------------------

  • NEC x IBM 共創セミナーをご参加いただいたご感想・ご意見をお聞かせください。 ------------------------------ TOMOHITO KANNO ------------------------------

Latest Articles

  • 皆様こんにちは、Japan Storage TechXchange事務局の松隆です。 いよいよ!明日 5/23(木)IBM Japan Storage TechXchange 2024@大阪開催でございます!   イベント申し込みサイト(大阪): http://www.ibm.biz/storage_event_0523 このブログでは、大阪会場へのご来場の皆様にアジェンダ、大阪会場のIBM大阪オフィス(中之島フェスティバルタワー・ウエスト)へのご来場方法、 ...

    1 person likes this.
  • NVMe関連規格の標準化団体であるNVM Expressが、2024年1月にストレージ内でデータ処理を行うための業界標準「コンピュテーショナル・ストレージ」(Computational Storage)機能を発表しました。 https://nvmexpress.org/nvm-express-announces-the-release-of-the-computational-storage-feature/ コンピュテーショナル・ストレージという言葉には聞きなじみがないかもしれませんが、データを処理するための計算能力をFPGAやASICといった形で持たせたストレージシステム、あるいはストレージドライブと言うと何となくイメージが付くのではないでしょうか。 ...

    3 people like this.
  • 皆様こんにちは、Japan Storage TechXchange事務局の大高です。 いよいよ!今週5/16(木)東京会場開催です! このブログではご来場の皆様に開場時、休憩時間、懇親会中にご覧いただける展示ブースについてのご紹介そして、東京会場の虎ノ門オフィスへの入館方法についてご案内させていただきます。 5月開催のStorage TechXchangeでは東京会場では4つ、大阪会場では2つの展示ブースをご用意させていただきます! 東京ではFlashSystem5200とTS4300の実機展示も行わせていただきます。 ...

  • 皆様こんにちは、Japan Storage TechXchange事務局の南保です。 こちらのブログでは、来月開催のStorage TechXchangeイベントの見どころ紹介と、お申し込み方法についての詳細をお伝えします。 当リレーBlog #3をご覧になる前に、是非#1と#2もチェックしてみてください! リレーBlog #1:東京&大阪 5月開催 TechXchange eventのご案内 リレーBlog #2:東京&大阪 5月開催 TechXchange event ...

    1 person likes this.
  • こんにちは。IBM Technology Expert Labs 小川です。 本日はIBM Storage Scaleを運用している、または運用者に技術支援を提供している方向けに、障害対応の流れをお伝えします。いざ障害が発生した場合にどう動くべきか?という点を把握しておくことで早期の解決に繋がりますので、是非このブログを一読して頂ければと思います。 1. 障害対応の流れ 障害が発生した際の対応フローはもちろん場合にもよりますが、基本的な流れは以下のとおりです。 本ブログではこのフローをベースにご説明していきます。 ...

    1 person likes this.