IBM TechXchange Japan WebSphere User Group (日本WebSphereユーザーグループ)

 View Only

このページは,以下のURLでもアクセスできます。
https://ibm.biz/JapanWebSphereUG

IBM TechXchange Japan WebSphere User Group(JWUG と略記)とは、IBM WebSphere Application Serverに関して,技術者視点でその機能や利用方法に関して「日本語で語る」ために開設したユーザー・グループです。日本のWebSphereユーザーむけに技術情報の提供を行います。 主として日本アイ・ビー・エム(株)およびその関連会社の社員が情報を提供致しますが,ご要望に応じてお客様あるいはビジネス・パートナー様も情報を登録することができます。

コミュニティには、無料で登録できるIBM IDをお持ちの方であればどなたでも参加いただけます。参加については、コミュニティーグループへの参加方法の記事をご確認ください。Discussionなどに書き込みいただくことができるようになります。

WebSphere Liberty / Open Libertyの日本語技術情報はこちらから。
WebSphere Application Server Liberty技術文章一覧

developerWorks日本で公開されていたWebSphereの技術文章をお探しの方はこちらから。
旧developerWorks 日本語版 転載文章一覧

Anniversary Eventイベント情報一覧はこちら
IBM WAS MQ Db2 Anniversary Event 2023 イベント情報一覧

#JP
#OpenLiberty
#WebSphere
#WebSphereApplicationServer(WAS)
#WebSphereLiberty


#AsiaPacific
#IBMWebSphere
#Japan

Latest Posts

  • 回答:WebSphere LibertyとOpen Libertyでは、基本的には同等のフィーチャーが提供されています。詳細はこちらのサイトをご参照ください。 https://www.ibm.com/docs/ja/was-liberty/base?topic=management-liberty-features ------------------------------ Atsushi Kurokawa IBM Japan ----------------------------- ...

  • Open Liberty はオープンソース版の WebSphere Liberty であると認識していますが、これらの間で利用できる機能に違いはありますか。 ------------------------------ Hinano Ide ------------------------------

Latest Files

Latest Articles

  • 日本Javaユーザーグループ(JJUG) では, 毎月ナイトセミナーを実施 して,Javaにかかわる様々な技術情報をお伝えしています。4月のナイトセミナーでは,IBMの田中孝清が「 Java EE/Jakarta EEの現状と将来 ―クラウドネイティブ時代にJava EEは対応できるのか?― 」というタイトルで2時間の講演を行いました。 当日の資料はこちらから参照 いただけます。Java EEの歴史について,また今年公開が予定されている最新のJakarta EE 11仕様についての情報もご紹介しました。 ...

  • Qiita に「1時間でなんとなくわかった気になる Open Liberty でアプリケーション開発 & コンテナビルド & OpenShift へデプロイ」記事をリリースしました。 こちら からご覧になれます。 Liberty でのアプリケーション開発や OpenShift へのコンテナのデプロイそれぞれについての記事はよくある気がしますが、アプリケーション開発からコンテナのデプロイまで一気通貫で解説している記事はあまりなかったように思って開発してみました。 手 ...

  • DevOpsとは? DevOpsは開発(Development)と担当者(Operation)が連携して協力することから成り立っていて、現在では企画から製品化、そして顧客からのフィードバックを迅速に行い顧客のニーズに素早く対応する手法です。DevOpsという単語は2009年のオライリー主催のイベント「Velocity 2009」において、Flickr社のエンジニアにより初めて公の場で用いられ広く浸透しています。各作業をパイプライン(ツールチェーン)として一連に自動化することがポイントであり、文化(カルチャー)、プロセス、ツールが重要とされています。 ...

  • IBM Integration / WebSphereコミュニティMeet-upを開催しました IBM Integration / WebSphere コミュニティでは、2023年から四半期に一度のペースでコミュニティ Meet-up を開催しています。前回の開催報告は こちら をご覧ください。第4回となる今回は2024年の初開催であり、2月に本社が移転した日本IBMの虎ノ門オフィスで対面(オンサイト)で、2024年3月21日に開催しました。 虎ノ門のIBM Innovation ...

  • コミュニティサイトの各機能の使い方を解説します。 メニュータブを選択するとそれぞれのコンテンツにアクセスできます。 コンテンツはIBM社員が日々さまざまな情報を更新していきます。 具体的には以下のコンテンツをご利用いただけます。 Discussion :製品について質問ができます。質問はメンバーなら誰でも書き込むことができ、基本的にコミュニティに参加しているIBM社員が回答します。 Library ...