Japan IBM Storage User Group

IBM Storage Insights - Data Collector 再起動手順

By Keigo Matsubara posted Sun May 24, 2020 10:57 PM

  

様々な理由で IBM Storage Insights が提供する Data Collector サービス(或いはプロセス)が異常終了し、instance への再接続が為されないことが有ります。

  • 本来は有るべき事象では有りませんが、IBM Cloud それ自体のネットワーク障害が原因となり、このような状態となることが有ります。
  • 製品として有るべき姿ではありませんから、中・長期的に Data Collector が自動的に再接続するように改善が計画されています。

この状態で IBM Storage Insights instance へブラウザーで接続すると、ブラウザーの最下方に以下のように表示されます(A, B は任意の自然数):

  • 最近 2 日の間、A 個中 B 個のデータ・コレクターが非アクティブになりました。 更新データの一部は収集されていない可能性があります。 詳細情報

対処するには、Data Collector サービス(或いはプロセス)を以下のように再起動する必要があります:

Windows

  1. Data Collector が導入されている Windows Server OS へログオン(要: Administrator 権限)
  2. 「スタート」上で services.msc と入力
  3. 「サービス」上で IBM Spectrum Control Storage Insights data collector と言う名称で始まるサービスを探し、右クリックして開始を選択

AIX® or Linux

  1. Data Collector が導入されているサーバーへログイン(要: root 権限)
  2. コマンド・シェル上で Data Collector が導入されているディレクトリへ移動:
    • AIX の場合 DataCollector_aix、Linux の場合 DataCollector_linux_ix86 がデフォルトのディレクトリ名
  3. コマンド・シェル上で dataCollector.sh start と入力

稀に Linux 上で Data Collector プロセスが可動しているにも関わらず、正しく接続できていない状況も有ります。そのような場合、以下操作例に示すように Data Collector プロセスの PID を確認した上で:

$ sudo /opt/DataCollector/dataCollector.sh status
The data collector is running from base directory: /opt/DataCollector. Process Id: 29489.

以下手順で、同プロセスの再起動を試みます(終了するに少し時間を要することがありますから、数分待って下さい):

  1. dataCollector.sh stop
  2. dataCollector.sh start

上記手順を実施したにも関わらず上手く再接続されない場合、Data Collector プロセスの PID に対して SIGTERM および SIGKILL シグナルを送付して強制終了した上で、dataCollector.sh start を実行し改めて同プロセスを起動します:

$ sudo kill -TERM <PID_for_Data_Collector>
$ sudo kill -KILL <PID_for_Data_Collector>
$ sudo /opt/DataCollector/dataCollector.sh start

Reference:


#data-collector
#storage-insights
0 comments
7 views

Permalink