Japan QRadar User Group

 View Only

【Web開催】2022 Virtual Master Skills Universityが開催されます。※コンテンツのリプレイが公開されました。

By Kota Takiishi posted Wed March 09, 2022 04:11 AM

  

今年で5回目となるVirtual Master Skill
s Universityが開催されます。


今年もWeb開催のため、どなたでも無料でご参加いただけます。

新たにIBM製品に加わったReaQta EDRを含む、QRadar SIEMやSOARの最新情報を取得していただける機会ですので、ご参加ください。


==============================================================
Virtual Master Skills University コンテンツのリプレイが公開されました。(6月3日更新)


Virtual Master Skills Unversityで配信されたコンテンツのリプレイが公開されました。
ご都合が合わなかった方や、コンテンツの見直しをしたいという方は是非ご視聴ください。


リプレイは下記のURLからカテゴリーを選択いただき、ご視聴いただけます。
https://www.securitylearningacademy.com/local/navigator/index.php?level=msu2201


QRadarについては、2023年までのロードマップ的な話や、次世代Data Lakeの話も含まれております。
==============================================================

【Virtual Master Skills Universityとは?】
Virtual Master Skills UniversityとはIBMが主催するIBM Securityソリューションに関する有益な情報をご提供するイベントです。
各セッションではIBM Securityのソリューションについて活用するための知識を
学んでいただけるコンテンツを視聴することができます。
QRadar SIEMやSOARの最新情報も提供されますので、ぜひご参加ください。


【開催日程と内容について】
現時点での開催概要は下記の通りです。
日時: 2022年4月4日(月曜日)から4月7日(木曜日) 
  • セッションA: 19:00-22:00 (米国東部標準時(夏時間) 6:00-9:00)
  • セッションB:  2:00-5:00(米国東部標準時(夏時間) 13:00-16:00)
  • ※上記セッションは同一の内容です。
形態: オンライン
費用: 無料
申し込み: 以下のWebサイトからお申し込み頂けます。
内容: 上記申し込みWebサイトからご覧頂けます。


4月4日セッションA Threat Management製品のタイムスケジュールご案内
セッションAへのご参加が多いかと存じます。
参考として、4月4日セッションAにて行われる
QRadar SIEMやSOARをはじめとしたThreat Management製品のタイムスケジュールをこちらに掲載いたします
4月4日19:00から開催されるRoadmapと、同日19:45から開催されるNext-Gen QRadarのセッションは今後のQRadarに関する特に新しい情報になるかと存じますので、ご視聴おすすめです。

  • QRadar: Threat Detection, Advanced Searching, Network & User Behavior Analytics (including ReaQta EDR)
    • 19:00 (米国東部標準時(夏時間) 6:00) - QRadar XDR Strategy and Roadmap ☆オススメ
    • 19:45 (米国東部標準時(夏時間) 6:45) - Cloud Native Ingestion / Modernization - Building the Next-Gen QRadar ☆オススメ
    • 20:30 (米国東部標準時(夏時間) 7:30) - Data Ingestion (DSM/Protocol Architecture, Log Sources, DSM Editor, Autodetection)
    • 21:15 (米国東部標準時(夏時間) 8:15) - Windows Event Collection best practices / WinCollect (WEF/WEC)
  • Resilient and QRadar SOAR: The Incident Response Lifecycle, From Offenses to SOAR Cases, Playbooks and Automation 
    • 19:30 (米国東部標準時(夏時間) 6:30) - QRadar Offenses To SOAR Cases
    • 20:00 (米国東部標準時(夏時間) 7:00)  - The Evolution From Workflow to Playbook Designer
    • 21:00 (米国東部標準時(夏時間) 8:00) - Advanced Deployment of Playbooks in IBM SOAR


#CP4S
#edr
#QRadar
#reaqta
#Resilient
#siem
#soar
#XDR
0 comments
20 views

Permalink