Japan QRadar User Group

 View Only

QRadar CE V7.3.3のインストールで、初めて "ERROR: Failed to run qradar_netsetup.!" で失敗した理由

By Katsuyuki Hirayama posted Tue April 28, 2020 11:04 PM

  

2020/07/24 IPアドレス変更ができない仕様に関する注意を追記
2020/04/30 ライセンスプールに関するエラーを追記

QRadar Community Edition V7.3.3 が登場してしばらく経過しますので、インストールされた方も多いと思います。私も少なくともこれまで2回はインストールしていて、失敗したことはありませんでした。

しかし、さきほど軽い気持ちで開始したインストールが、Error: "ERROR: Failed to run qradar_netsetup.!"失敗してしまいました。

failed_to_install_QRadar_CE.png
あれ。

いろいろ悩んだ結果、今までと違うことを一つだけしていたことに思い当たりました。
それは、nmtui の操作で Profile name を変えていなかったこと。
実は、これは YouTube のインストール紹介ビデオ でも言っていたことでした(サラッとね)。それがまさかインストール成功の鍵だったとは…

nmtui は、GUIベースでLinuxのネットワーク設定を行える便利なツール。IPアドレスやホスト名を変えられます。
QRadar CEにはDHCPではなく固定IPを指定したいので、ガイドに書かれている手順の ./setup の前に、この操作が必要です。
一度、nmtui しくじってDHCP設定のままインストールしてしまったこともありましたが…焦らずインストール後に「/opt/qradar/bin/qchange_netsetup」すれば、固定IPアドレスに変更できました。

注意:ただし、この方法が使えた(ように見えた)のは一度だけでした。2度目にIPアドレスを変更したところ、後述の「ライセンスプールがおかしくなる」現象を解消することができませんでした。
サポートフォーラムでも同様のガイドがありますが、結論としては 10 Tips For Installing QRadar Community Edition の Tip #8 に書かれているように、you cannot change the IP of Community Edition once the installation process starts という仕様であるようです。


nmtui からネットワークインターフェースを <Edit...> できますが、

nmtui_edit_config_001.png
ここで Profile name をそのまま受け入れずに、ens33 など妥当なものに変更しておく必要がありました。

nmtui_edit_config_002__ng__marked.png
正しくは、こんな感じになります。

nmtui_edit_config_003.png
些細なことではありますが、気づかないと時間を無駄にしてしまいますので、忘れた頃に同じ失敗をしないように気をつけたいと思います。

その他のQRadar CE導入Tipsについても、本家コミュニティーの 10 Tips For Installing QRadar Community Edition をご覧ください(英語ですが)。

トップに戻る


【追伸】2020/04/30
なお、上記でqchange_netsetupについて言及していますが、この操作をするとライセンスプールがおかしくなるようでした。
license_pool_ng.png
そこで、鉛筆アイコンをクリックして一度ゼロを入れると修正されました。
license_pool_fixed.png

注意:サポートフォーラムでも同様の手順が示されていますが、この方法が使えた(ように見えた)のは一度だけでした。2度目にIPアドレスを変更したところ、この現象を解消することができませんでした。


トップに戻る

#QRadar

0 comments
42 views

Permalink