Tsunagaru Square (ツナガル・スクエア)

 View Only

2023年ナレッジモール研究:受賞ワーキンググループ

By IBM Community Japan 事務局 posted Thu November 16, 2023 02:11 AM

  

2023年ナレッジモール研究:受賞ワーキンググループ

2023年11月15日に開催された「ナレッジモールアワード2023」において、2023年ナレッジモール研究の各賞を発表しました。
受賞したワーキンググループは下記の通りです。受賞された皆様、おめでとうございます。
なお、各ワーキンググループの研究成果物は、成果発表イベント「GO UNiTE 2023」の会場でご覧いただけます。

A: 社会課題分野

2023-A-12
リカレント教育の機会提供
今の自分で本当に満足してる?連学感ある学び直し支援サービスのご提案
伴走型学びコンシェルジュ!参上!
予測不能な世の中、キャリアアップや新たな挑戦で夢を叶える為に、社会人のリカレント教育が重要になると考えられますが、そこには多くの障害が待ち受けています。我々はその障害に困っている人々に寄り添うため、ユーザー視点での考察に基づいて方策を研究しました。本研究がリカレント教育推進のヒントになれば幸いです。
2023-A-03-b
保育・育児を支えるITを活用したサービス
~心の余裕を生み出す仕組みづくりを目指して~
ITを使って心の余裕のある子育てができないか?
世の中には育児に関するサービス・アプリが数多く存在するが、未だ育児は大変で課題がある状況である。日々の生活に追われ、課題に直面、解決に奔走を繰り返し、本来の楽しい育児ができていない。私たちはITを活用して育児における心の余裕を生み出すための新しいアプローチを研究した。

B: 技術探求分野

2023-B-02
業務システムにおけるAI(機械学習・ディープラーニング)の現実的な適用
AIチャットボット(ChatGPT)によるAI導入提案書評価の検証
AIはAI導入担当者の心強いパートナーになり得るか
AI導入検討は実経験がないと判断が難しい一方で、経験人材の確保は困難である。本研究ではユーザ企業のAI導入担当者の知識・経験不足を、AIチャットボットが補完・支援できるかについて、提案書評価をターゲットにChatGPTを用いた検証を行った。

C: 情報システム分野

2023-C-04
レガシーシステムのモダナイゼーションをどう進める?
レガシーシステムのモダナイゼーションの当事者達が導き出した進むべき道
進むべき道は〇〇から始めること
私たちは関わる業務や取り巻く情勢の中で、レガシーシステムのモダナイゼーションをどう進めたらよいか、漠然とした不安を抱えていました。”レガシーシステムの断捨離”・”開発のしやすさの探求”・”技術を用いたレガシー化防止策”の3つの観点から研究し、当事者として導き出した進むべき道を示します。

D: ビジネス変革分野

2023-D-03
DXを会社全体に浸透させるための組織・人材・文化の在り方
DX成功要素とトラブルシューティング
まずは、ここからはじめよう・DX成功に導く処方箋
経済産業省の評価基準の重要性に疑問があり、国内外のDX成功企業を研究し、「文化」「組織」「人材」を共通の成功要因として発見。これら要因をどう実現するかも研究し、「DX成功要素とトラブルシューティング」という成果物をまとめた。この研究結果が熱心な志を持つ人々に役立つことを願っています。
研究成果物の閲覧方法
受賞ワーキンググループを含む、2023年に活動したすべてのワーキンググループの研究成果物は、「ナレッジモール研究アーカイブ」でご覧いただけます。
0 comments
139 views

Permalink