IBM TechXchange Integration Group Japan

 View Only

当ユーザーグループはIBMの統合製品(Cloud Pak for Integration, MQ, App Connect, API Connect, Aspera, DataPower等)に関する日本語の技術情報を共有・議論するために開設されています。 参加はどなたでも自由に行っていただけますが、情報提供については主として日本アイ・ビー・エム(株)およびその関連会社の社員が行います。 ご要望に応じてお客様あるいはビジネス・パートナー様にも情報提供にご参加いただけますので管理者までご連絡ください。 当該グループ上でご紹介する情報は、日本アイ・ビー・エム(株)が必ずしも正式なレビューを行ったものではありません。


このコミュニティは以下の短いURLからもアクセスできます。

https://ibm.biz/JapanIntegrationUG


コミュニティには、無料で登録できるIBM IDをお持ちの方であればどなたでも参加いただけます。参加については、コミュニティーグループへの参加方法の記事をご確認ください。

過去にIBM Developerで掲載されていた技術文書も含めたIBMのIntegration製品に関する日本語の技術文書をお探しの方はこちらから
IBMのIntegration製品 日本語技術資料一覧(IBM Developerからの転載記事も含む)

#JP


#API Connect
#IBM MQ
#AsiaPacific
#IBMAppConnect
#IBMAPIConnect
#IBMAspera
#IBMCloudPakforIntegration
#IBMDataPower
#IBMMQ
#Japan

Latest Posts

  • App Connect EnterpriseからApache Kafkaにメッセージを送受信するためのKafkaノードの使い方をわかりやすくまとめています IBM App Connect Enterprise Kafkaノード その他技術記事の一覧は こちら ------------------------------ Hirohito Onda ------------------------------

  • App Connect Enterpriseの文字コード変換をカスタマイズするための手順をわかりやすくまとめています IBM App Connect Enterprise コード変換カスタマイズガイド その他技術記事の一覧は こちら ------------------------------ Hirohito Onda ------------------------------

  • このディスカッション・エントリーの右上にあるReplyから,本日のMeetupのフィードバックを投稿してください Meetupの感想 発表内容についての質問 今後のMeetupでやってほしい内容 自己紹介と挨拶 など,ご自由に記入ください! Replyボタンがでていない方は,画面右上の青い人のアイコンからIBM IDでログインしてください ------------------------------ 日本IBM Automation Technical ...

  • このディスカッション・エントリーの右上にあるReplyから,本日のMeetupのフィードバックを投稿してください Meetupの感想 発表内容についての質問 今後のMeetupでやってほしい内容 自己紹介と挨拶 など,ご自由に記入ください! Replyボタンがでていない方は,画面右上の青い人のアイコンからIBM IDでログインしてください ------------------------------ 日本IBM Automation Technical ...

Latest Files

Latest Articles

  • ( こちらのブログ の翻訳です。) Forrester 社が IBM API Connect® を「The Forrester Wave™: API Management Software, Q3 2024 1 」でリーダーとして認定したことをお知らせします。Forrester 社は、API管理ソフトウェア プロバイダーの評価と最終結果を出すために、24の基準で評価を実施しました。IBM API Connect は、24の基準のうち17で最高スコアを獲得しました。 無料でレポートを参照 ...

  • 先週 6/20( 木 ), 21( 金 ) に幕張メッセで開催された AWS Summit に日本IBMも出展しました。1つの展示スペースを壁で区切り、片面では製品の説明を、もう片面ではミニセミナーを開催しました。ミニセミナーは 10 分程度の時間で、 1 日 12 回、各種IBM製品やサービスを説明しました。 そのミニセミナーの1つとして、昨今、爆発的に普及している生成 AI を効果的に利用するにあたり直面するデータ連携の課題について取り上げました。 (タイトルは「 ...

    1 person likes this.
  • IBM Cloud Pak for Integration 16.1.0の発表 機能拡張と新規バージョン識別を備えた新しい長期サポート・リリースを提供 IBM は通常、6 か月ごとに IBM Cloud Pak for Integration の新しいアップデートをリリースします。最新のリリースは 2024年5月14日に発表 されました。2024年6月21日に利用可能になりました。 Cloud Pak for Integration デリバリーの新しいバージョン管理 ...

  • 6/21に、IBM API Connectの新しいLTSである v10.0.8.0がリリースされています。 IBM® API Connect v10.0.8.0 is now available APAR Listや、ダウンロード・イメージのFix Centralのリンクが公開されていますので、ご確認ください。 新しいLTSであるv10.0.8.0は、これまでの 継続的デリバリー (CD) リリース 10.0.7.x および 10.0.6.xの後継リリースであり、これらで追加された新機能も含まれています。以前のLTSである10.0.5.xから ...

  • IBM DataPower Gateway v10.6.0.0 新しいLTSが6/13リリースされました。 IBM DataPower Gateway version 10.6.0.0 is now available v10.6.0.0のAPAR Listは、以下のリンク先で公開されていますので、必要に応じてご確認ください。 Fix packs for DataPower Gateway version 10.6.0.x v10.6.0.0は新しいLTSのため、v10.5.0.xのLTSに、v10.5.xのCDで追加された ...