Search

1 to 10 of 21
Sort by

Blog Entry
IBM FlashSystems and Infrastructure as Code

Out in the field we are seeing more and more interest in using Automation. Automation has, of course, been around for some time. One of my first roles in IBM was working with GDPS (a family of services offerings for automation Disaster Recovery and Business Continuity in the Mainframe space,...

Ian Wright's profile image

Blog Entry
New Analyst Report: FlashSystem: The Centerpiece of the IBM One-platform Approach

Check out this new report to learn how one storage platform can maximize your economic efficiency with a powerful and flexible Storage Architecture. https://www.ibm.com/downloads/cas/EJ9BARLP #flashsystem ​​​​ ​ #Highlights-home #Highlights #flashstorage


Blog Entry
Analyst Firm DCIG Recognizes IBM Storage Twice

IBM Storage Recognized Again: DCIG TOP 5 High-End Storage Arrays Award: IBM FlashSystem Ser ies (9200) named as one of the top 5 performing High-End Storage arrays! Learn what DCIG looked at and why IBM FlashSystem was named to this top 5 listing.. ...


Blog Entry
Limited Time Offer: Review these IBM Storage Products, Get an Amazon Gift Card!

Share your insights, get rewarded We'll send you a $10 Amazon gift card* to say thanks for contributing a detailed, balanced, unbiased review. *$10 USD or equivalent; some international recipients will receive a Virtual Visa card in lieu of an Amazon card. Review must be of a product you...


Blog Entry
iSER: Better Than a Bridge to the Future

iSER has been called – “ a bridge to the future .” To better understand how this statement may be true, it’s important to note that the future, in terms of information technology, will be given to the fast, the large, the smart, and the cloudy. For those who choose to deploy iSER, and for...

Andrew Walls's profile image

Blog Entry
IBM FlashSystem Named in the 10 Hottest SSD and Flash Storage Products Of 2020

Flash storage continues to mature as vendors including IBM, Dell EMC, HPE, Hitachi Vantara, and Pure Storage adopt the latest technologies including NVMe, low-cost QLC flash, and Intel Optane while using software to help squeeze even more performance. IBM in February said it would eliminate...

Peter Basmajian's profile image

Blog Entry
FlashSystem A9000・A9000RのFCポート

FlashSystem A9000/Rにはグリッドという形でコントローラーが2台もしくは3台搭載されます。 このコントローラーにはそれぞれ4ポートのFCポートが提供されています。 A9000/Rではどのポートをどのように使用すべきかのガイドラインが以下のように出ています。 Fibre Channel (FC) network configurations https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/STJKMM 12.2.1/fs pod dg network host config fc.html ...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
FlashSystem・SVC・Storwize・Spectrum Virtualize系の構成情報のバックアップ

SVC/Storwize系の構成情報(プール、ボリューム、ホストマップ構成など)をバックアップしておき、筐体が壊れた際などにリストアすることで再設定の手間を削減することが可能です。 バックアップ自体は、毎日午前1時に自動でコントローラー内の/dumps配下に、"svc.config.backup.xml <serial#>"というファイルで複数世代取得されています。 また、任意のタイミングで取得したい場合は、svcconfig backupコマンドを使用することで、/tmp配下にバックアップが取得されます。 これをどこかに退避しておくことで...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
FlashSystem・SVC・Storwize・Spectrum Virtualize系のエクステント・サイズについて

SVC/Storwize系では内蔵のRAID Arrayや外部ディスクのLUNをMdiskとして認識させ、それらをプール化(Mdisk Group)して、そのプールからボリューム(vdisk、LUN)を切り出します。 このプール化をする際に、Mdiskはエクステントという単位に分割、チャンク化されます。 ボリュームはこのエクステントの集合から形成されます。エクステントのサイズは、16MiBから倍々で最大8192GiBまで設定可能です。 システムとしては、このエクステントの数は2^22個つまり4,194,304個まで管理可能です。 ...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
FlashSystem・Spectrum Virtualize・Storwize系の紛らわしいコマンド

Spectrum Virtualizeには多くのコマンドが提供されていますが、この設定を確認するのには、どれを打てば良いんだっけ? というような結構紛らわしいコマンドがいくつかありますので紹介します。 ①システム全体の容量の使用率、ソフトウェアのバージョン、MM/GM/GMCVの1ペアあたりのバックグラウンド・コピーの速度 (relationship bandwidth limit) 、EasyTierのTier情報、レイヤー、圧縮ボリュームの有無、状況等の確認は lssytem です。 バックグラウンド・コピー速度や、レイヤーの変更は ...

Keitaro Imai's profile image