Search

1 to 6 of 6
Sort by

Blog Entry
FlashSystem・Spectrum Virtualize・Storwize系の紛らわしいコマンド

Spectrum Virtualizeには多くのコマンドが提供されていますが、この設定を確認するのには、どれを打てば良いんだっけ? というような結構紛らわしいコマンドがいくつかありますので紹介します。 ①システム全体の容量の使用率、ソフトウェアのバージョン、MM/GM/GMCVの1ペアあたりのバックグラウンド・コピーの速度 (relationship bandwidth limit) 、EasyTierのTier情報、レイヤー、圧縮ボリュームの有無、状況等の確認は lssytem です。 バックグラウンド・コピー速度や、レイヤーの変更は ...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
FlashSystem、Spectrum VirtualizeやStorwizeのLimitation

Spectrum VirtualizeやStorwize系の機能的な仕様、制約については各ソフトウェア・バージョンごとに以下のようなサイト の「Configuration Limits and Restrictions」に 記載されています。 Support Information for SAN Volume Controller https://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=ssg1S1003658 Support Information for IBM Storwize V7000 ...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
SVC・Storwize・Spectrum Virtualize・FlashSystemの管理IPについて

タイトルのストレージ装置には、GUIやCLIでの管理用のIPアドレスを各ノードのポートに割り振ります。 各ノードに2つポートが提供されますが、各ノードのポート1とポート2があり、ポート1がPrimaryのポートとなります。 アドレスはクラスターのアドレスとなっており、各ノードのポート1に割り振るアドレスはすべて共通、同様にポート2に割り振るアドレスも共通となります。 通常、GUIやCLIの管理コマンドは構成ノードと呼ばれるノードのポート1経由でアクセスされます。(図1 上) ケーブルの断線などで、このポート1への接続ができなくなった場合...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
Linux環境でSpectrum VirtualizeやFlashSystem使用時の向けのオススメ設定

マニュアル等には特には記載されていない推奨設定が以下のTechnoteで公開されていたので紹介します。 LINUX IO performance tuning for IBM System Storage, V1.5 http://www-03.ibm.com/support/techdocs/atsmastr.nsf/WebIndex/WP102584 この資料によると、推奨は以下です。 1) Fibreは筐体に対して8本接続(Linuxの場合、ホストのパスは4パスが推奨なので、これは実質複数台の推奨) 2) IO scheduler: noop 3...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
FlashSystem/SVC/Storwize/Spectrum VirtualizeのQoS

FlashSystem/SVC/Storwize/Spectrum Virtualize系では、QoSの機能を提供しています。 QoSとはQuality of Serviceの略で、SVC/Storwizeは、提供できるパフォーマンスの上限を設定することを指します。 V7.6以下のバージョンではボリューム単位で1秒あたりのIO(IOPS)もしくは、転送量(MB/sec)のみ設定することができました。(chvdiskコマンドで設定) V7.7からはより柔軟になり、ボリューム単位に加えて、ホスト、ホストクラスター、ストレージプール...

Keitaro Imai's profile image

Blog Entry
FlashSystem/Spectrum Virtualize/StorwizeではDRAIDを使いましょう!

ストレージの可用性を高める上で、RAIDは必須の機能です。 Storwize系では、バージョン7.6から、これまでとは異なる新しいRAID、DRAID(Distributed RAID)という機能を提供しています。 TRAIDとDRAIDの違い 従来のRAID(Traditional RAID:TRAIDと呼ばれます)では、以下の図のようにホットスペアディスクは占有のディスクです。 この場合、ディスク障害時のリビルドは以下の図のように、1本のスペアディスクに書き込みが集中します。つまり...

Keitaro Imai's profile image