(アーカイブ公開中)GO NeXT 2022:科学・テクノロジーを社会につなぎ、その先に見えるもの

 View Only
When:  Feb 9, 2022 from 03:00 PM to 04:30 PM (JP)
IBM Community Japan

GO NeXT 2022

科学・テクノロジーを社会につなぎ、その先に見えるもの
IBM Community Japanでは、2022年新春セミナー「GO NeXT 2022 ~科学・テクノロジーを社会につなぎ、その先に見えるもの~」を以下の要領で開催します。

アーカイブ公開中

開催を終了しました。当日の内容はアーカイブでご覧いただけます。

開催概要

タイトル
GO NeXT 2022 ~科学・テクノロジーを社会につなぎ、その先に見えるもの~
開催期間
2022年2月9日 15:00~16:20
開催形式
オンライン
参加対象
IBM Community Japanメンバー ()
参加費
無料

() 現時点でIBM Community Japanメンバーでない方も、メンバー登録(無料)の上、参加申し込みいただけます。 お申し込み方法はこちら

プログラム概要

  • オープニングご挨拶(日本IBM 社長 山口明夫)
  • 特別ゲスト講演
    「科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に ~人工流れ星、大気データ、デブリ化防止への挑戦~」 (株式会社ALE 代表取締役社長 岡島 礼奈 様)
  • IBM Community Japan 2022年 活動計画
  • クロージングご挨拶(日本IBM 副社長 福地敏行)

*内容は予告なく変更になる場合があります。

*2022年ナレッジモール研究メンバーの皆様は、16:30より、キックオフと第1回研究会にご参加いただきます。別途ご案内いたします。

特別ゲスト講演

科学を社会につなぎ宇宙を文化圏に
~人工流れ星、大気データ、デブリ化防止への挑戦~

岡島 礼奈 様
株式会社ALE 代表取締役社長
1979 年生まれ。鳥取県鳥取市出身。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号(理学)を取得。在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を代表取締役として設立。大学院卒業後、ゴールドマン・サックス証券へ入社。その後、2009 年から人工流れ星の研究を開始しスタートさせ、2011 年 9 月に株式会社 ALE を設立。現在、代表取締役 / CEO を務める。2019 年 1 月に JAXA のイプシロンロケットに人工流れ星用の人工衛星初号機が搭載され、打ち上げ成功。同年 12 月、Rocket Lab 社のエレクトロンロケットに人工衛星 2 号機が搭載され、打上げ成功。「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」を会社の Mission に掲げる。人々の好奇心を育む宇宙エンターテインメントと、気候変動の解明に貢献する大気データの取得活用、軌道上環境維持に寄与にする宇宙デブリ対策装置の開発を通じ、科学と人類の持続的な発展への貢献を目指す。
株式会社ALE
2011年に創業した世界初の「人工流れ星」を創る宇宙スタートアップ企業。ミッションは「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」こと。
https://star-ale.com/

お申込み方法

開催は終了しました。

アーカイブ視聴方法

IBM Community Japanメンバーの方
KMAPにご参加の上、以下のリンクからご覧ください。
* KMAPにまだ参加していない方、参加しているか分からない方はこちら
まだIBM Community Japanメンバーでない方
アーカイブはIBM Community Japanメンバー限定で公開中です。
まだメンバーでない方は登録をお願いいたします。

お問い合わせ

当イベントに関するお問い合わせは、IBM Community Japan事務局 (ICJOFC@jp.ibm.com) までお願いいたします。

#Featured-area-1
#Featured-area-1-home
Event Image

Contact

IBM Community Japan事務局

ICJOFC@jp.ibm.com