Search

1 to 5 of 5
Sort by

Library Entry
January Edition of the IBM Z Software Newsletter

The January Edition of the IBM Z®Software Newsletter for Application Developers, Enterprise Architects and System Programmers provides an abundance of announcements, beta programs, and trials of products such as CICSTransaction Server, OMEGAMON for IMS , IBM Open Enterprise SDK for Go, and more...

January 2021 IBM Z Software Newsletter.pdf


Library Entry
IBM Z Software Newsletters for 2020

The IBM Z Software newsletter are mailed for the subscribed users, and the following (monthly) cadence Application Developers, System Programmers and Enterprise Architects (January, April, July and October) Developers and Architects (February, May, August and November) ...

12 attachments


Blog Entry
IMSユーザー・グループ2019冬を開催しました

IMSユーザー・グループは、世界各地で開催されている、IMSユーザー様とIMS開発部門とを結ぶ少人数のセミナーです。日本では2013年から年1回開催してきました。今年は、6月に開催した「IMSユーザー・グループ2019」に引き続き、初の試みとして第二弾を12/6(金)午後に行いました。会場は、IMSツールの最大の開発拠点であるロケットソフトウェアジャパン(株)横浜みなとみらいオフィスです。 主な内容: IMS最新トピックス (IMS継続的デリバリー、情報発信、教育用動画など) 大容量でもIMS DBアクセスを最適化~新ツールご紹介 ...

MAKI MATSUO's profile image

Blog Entry
大規模IMSデータベース環境で高速リカバリーを実現

IMS Recovery Solution Pack は、何百、何千というIMSデータベース群を並行して高速リカバリーする製品です。 IMS Recovery Solution Pack V2.1 においては、パフォーマンスを大幅に向上させるためのタスクが実施され、結果として、従来に比べて 実行時間・CPU時間ともに80%削減 を達成しました。 この機能拡張は、V2.1 に対して APAR PI86870 / PTF UI52787 (2017年12月出荷) を適用することで使用可能になります。 詳細について、ホワイトペーパーを日本語訳しましたのでぜひご覧ください。...

MAKI MATSUO's profile image

Blog Entry
DS8880 Enables IMS™ Release 15 to Reduce WADS I/O Service Time by up to 50%

Tariq Hanif Harry Yudenfriend Logging speed is a bottleneck for IMS performance, and the WADS I/O has been a bottleneck on logging speed. The enhancements in IMS Release 15 to exploit System z High Performance FICON (zHPF™) and zHyperWrite™ reduce the latency for writing to the WADS data set,...

Archive User's profile image