IBM Z Japan - Group home

第二回Mainframer Meetup開催のご報告

By SHUNSUKE TAKEYOSHI posted Thu December 19, 2019 09:40 PM

  

はじめに

2019/5/14に開催された第1回Mainframer MeetupはZコミュニティーのパートナー様ボード会議ということもあり、メインフレームに精通した方々が多かったですが、今回はテーマが「Cloud & Linux」×「メインフレーム」ということもあり、業務でメインフレームを使ったことがない方々にも集まっていただくことができました。ご参加いただきありがとうございました。ここでは、イベントのサマリをご紹介させていただきます。

内容

meetupは以下のように進行しました。

3名のIBMerによるトークセッションから始まり、ピザ、ソフトドリンク、ビールを片手に参加者同士でネットワーキングを行いました。最後はパネルディスカッションを行いながら参加者の方々にもアンケートや意見を発表していただき、充実した会にすることができました。

トークセッション 18:00 ~ 19:00

  • IBM Cloud について(安田智有さん)
  • LinuxONECommunity Cloud の紹介(原陽香理さん)
  • LinuxONE x WatsonAPIでアプリ開発(戸倉彩さん)

ネットワーキングタイム 19:00 ~ 19:15

パネルディスカッション 19:15 ~ 20:00

トークセッション

まず初めに、北村さんから今回のmeetupの主旨についてご説明いただきました。

また、今回のmeetupではTwitterを活用しており、#mfmeetup, #linuxone #cloudなどのハッシュタグからその時の様子をご確認いただくことができます。



安田さんからはIBM Cloudが持つ価値についてプレゼンいただきました。15分のプレゼンとは思えないスライドの枚数で参加者を飽きさせない構成で、IBM Cloudの代表的な強みからマニアックな価値までをご紹介いただきギーク心をくすぐられる内容でした。



次に、今年度入社の原さんにLinuxONE Community Cloudについてのプレゼンいただきました。その場で参加者の皆様からアンケートを取りながら、「ついこの間までメインフレームを知らなかった自分でも無料で自分専用の環境を作ることができる」という内容で参加者の皆様の興味を引いていました。

アンケート結果をここでご紹介します。

最後に、そのLinuxONE Community Cloudを使って何ができるかというテーマでDeveloper Advocateの戸倉さんにWatson APIを用いた性格分析アプリを作成いただき、そのデモをご披露いただきました。メインフレームというと特殊なアーキテクチャでとっつきづらい印象があるかと思いますが、一般的なLinuxでの開発と同様の手順でアプリ開発をされていました。



ネットワーキング

ここで、15分間の休憩&ネットワーキングタイムに入りました。WeWorkではHoegaardenとプレミアムモルツが飲み放題で、運営側で用意させていただいたピザとソフトドリンクも手に参加者同士で談笑されてました。



パネルディスカッション

トークセッションを聞いていただいた段階で、企業向けハイブリッドクラウドに必要な要件について参加者の皆さんにアンケートを回答していただきました。

それを踏まえて北村さんからLinuxをメインフレームで稼働させるメリットをご説明いただいた後、先程登壇いただいた安田さん、原さん、戸倉さんも交えてパネルディスカッションを行いました。ファシリテーターは柿沼さんに務めていただきました。

パネルディスカッションではそれぞれのお立場や専門性をバッググラウンドに、メインフレームについての思いを語っていただきました。特に原さんは入社間もないのですが、初めてメインフレームに触った衝撃(tn3270特有のUI)とLinuxONEに触ったときの違和感のなさ(普通のLinuxという意味で)を対比させながら語っていただきました。



クロージング

最後に皆さんで集合写真を撮影させていただきました。



ご参加いただいた方々には、アンケートにご記入いただきました。ありがとうございました。いただいたご意見の一部を抜粋します。

  • 他所でz/OSを使っている人と交流する機会があまりないので、ゴリゴリZの話が聞きたい。
  • 導入したサクセスストーリなどが聞きたい。
  • 普段聞けない話で大変面白かった。
  • メインフレームの新しいニュースに興味がある。
  • LinuxONEのデモが継続すると良いと思う。
  • IBM Cloud Privateの話が聞きたい。
  • z/OSでの最新テクノロジー対応の話も聞きたい。
  • 普段はz/OSを扱っているが、Linuxについて説明を聞くことができて良かった。
  • よりz/OSに寄った内容の話も聞きたい。
  • メインフレームの新しい一面を知ることができ、現場との違いに驚いた。
  • Linux(RedHat)対応について聞きたい。


とりあげてほしいテーマや、ご自身が発表したいこと等、何でもお知らせください。


前回と同様、"Mainframer Meetup"という名目で開催させていただきましたが、今回は安田さんや戸倉さんのようにIBM Zに携わっていない方々からの視点をあえて取り入れ、今までにはなかったコンセプトでイベントを充実させることができ、普段のセミナーなどにはないカジュアルな良い雰囲気の中で参加者同士のコミュニケーションも活発になったのではないかと思います。

また、クラウドといえば、AWS、GCP、Azureといったパブリック・クラウドを思い浮かべる方が多いと思いますが、プライベート・クラウド(オンプレミス)とも連携するハイブリッド・クラウドについて、改めて考えてみることができたのではないかと思います。


今後も第3回、第4回と開催していきたいと考えております。次回以降もご参加いただける方々は、ぜひMainframer Meetupのメンバー登録をしていただき、イベントにご参加いただければと思います。また、もし気に入られましたら、周りの方々にもご紹介ください。なお、次回Mainframer Meetupは10月上旬に予定しております。



今後も本Meetupをよろしくお願いいたします。


#IBM-Z-Japan
0 comments
44 views