IBM Z Japan - Group home

#072【開発意向表明】 SDSF/ISFPARMSモジュールによるカスタマイズ方式のサポート終了計画(その他)

By Shigeki Kimura posted Thu June 30, 2022 11:26 AM

  

2022年6月21日付けで発表された「IBM z/OS V2.5 2Q 2022 の機能拡張」の中に、既存機能のサポート終了計画に関する「開発意向表明(Statement of direction)」が含まれています。

https://www.ibm.com/common/ssi/ShowDoc.wss?docURL=/common/ssi/rep_ca/5/760/ENUSJP22-0255/index.html#sodx
IBM z/OS V2.5 2Q 2022 enhancements
IBM Japan Software Announcement JP22-0255(June 21, 2022)
https://www.ibm.com/common/ssi/ShowDoc.wss?docURL=/common/ssi/rep_ca/5/760/JAJPJP22-0255/index.html#sodx
IBM z/OS V2.5 2Q 2022の機能拡張
日本IBMのソフトウェア発表  JP22-0255(2022年6月21日)

 

【開発意向表明(Statement of direction)】 ※発表情報の全体は上記リンク先↑をご確認ください
※ここでは、特に「既存機能のサポート終了計画」についてサマリーしています
※IBMの計画・目標・意向に関する全ての発表は、将来予告なく変更あるいは取り消される場合があり得ます

Deprecation of DFSMS Distributed FileManager
z/OS V2.5 is planned to be the last release to support the DFSMS Distributed FileManager (DFM), a seldom used function in z/OS. To determine if DFM is being used, it is recommended to look for JCL that starts DFM; for example, START DFM,SUB=MSTR. If you use DFM to enable remote clients in your network to access data on z/OS systems, it is recommended to use the z/OS Network File System (NFS) instead.
z/OS V2.5は、z/OSではほとんど使用されないDFSMS分散ファイル・マネージャー(DFM)機能をサポートする最後のリリースになる予定です。

★z/OS V2.5は、「DFM」(DFSMS Distributed FileManager)をサポートする最後のリリースになる予定です。 

System Display and Search Facility (SDSF) ISFPARMS removal
For many z/OS releases, a recommended update action has been to specify z/OS SDSF customization with the ISFPRMxx parmlib member. There are several major advantages to using the ISFPRMxx parmlib member format over the original format, which involves an assembler module and SDSF macros. Beginning with the following release after z/OS V2.5, IBM plans that only the ISFPRMxx parmlib member format will be supported. For this reason, if the parmlib member ISFPRMxx is not currently being used, IBM recommends clients convert to using ISFPRMxx to avoid being impacted in the future.
z/OS V2.5以降の以下のリリース以降、IBMはISFPRMxx parmlibメンバー・フォーマットのみがサポートされるようになる予定です。

★z/OS V2.5は、SDSFの「ISFPARMS」モジュールを利用したアセンブラー・マクロ形式によるカスタマイズをサポートする最後のリリースになる予定です。


以上

0 comments
6 views