IBM Z Japan - Group home

#016【z/OS V2R3/V2R4変更点】SDSF 「JC」パネルにおけるSTC、TSUクラスのフィルター

By SHIGEKI KIMURA posted Mon November 30, 2020 02:52 AM

  
従来、SDSF 「JC」(Job Class)パネルでは、一般的な「ジョブクラス」指定に加え、「STC」、「TSU」クラスのフィルターを行う目的で、次のような指定(#、$)がサポートされています。
※「STC」クラス: # (開始タスク)
※「TSU」クラス: $ (TSO/Eユーザー)
ところが、「JC#」コマンド、「JC$」コマンドによるフィルターを行った場合、実際の挙動がマニュアル記載とは正反対になっています。(z/OS V2R4環境の他、z/OS V2R3、V2R1環境でも再現)【対応策】
マニュアル記載通りの機能を利用するには、SDSF APAR PH26541に対する修正策の適用が必要です。(対象: z/OS V2R3、V2R4)

【考慮事項】
従来のフィルター挙動に依存している場合、修正策の適用に伴い、オペレーションの変更を伴う可能性があります。また、SDSF保守レベルの異なるシステムでは、「JC#」、「JC$」コマンドによるフィルター挙動が異なるため、注意が必要です。

添付ファイルには、従来のフィルター挙動例などを記載しています。
2020-11-30_BLOG16_zOS_V2R3_V2R4_SDSF_JC__.pdf
z/OS V2R3、V2R4への移行にお役立てください!